<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

本栖湖マラソンドクター

 昨日は本栖湖で開催されたファンドレイジングマラソンにドクターとして

参加しました。

12kmのコースで、タイム計測がない緩〜〜〜い大会。

でも、12kmの大会とはいえ、いざというときのために

前日から入念にドクター救急箱チェックして望みました。

ここが本部です。

本栖湖2

















当日はあんまり大きなケガもなく、無事に終了しました。

これがゴールシーン。

青空と本栖湖の美しさで最高のロケーションです。

しかし、、、、私、帰りを急いでいたのでまったく本栖湖を

見れませんでした。

大会前に走っちゃおうと思っていて、ランニングウェアを服の中に

仕込んでいったのに。。。。残念。

本栖湖1

















でも最後にお願いを言って、、、念願の小錦さんと

写真を撮っていただきました。

怖かったけど、うれしかったです!ありがとうございます。

小錦さん



riechi * スポーツと医療 * 19:54 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

第38回スポーツ医学研修会 

 スポーツ医学研修会













私たちドクターは

医師免許取得後、様々な研修をし

数年後に専門医試験というものを受けることができます。

整形外科はたしか研修7年目に様々な書類を提出し、

試験を受けます。

私は3年前に整形外科専門医を取得しました。

さらにその中にもいろいろな資格があり

日本整形外科学会認定リウマチ医

日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

を取得しました。

そして今回、日本整形外科学会認定スポーツ医の資格を取るため

昨年から引き続き缶詰講習を受けてきました。

3日間ぎっしりの講習。でもすごい役に立つ内容でした!

目から鱗のリハビリ。呼吸筋のストレッチ、アスリートの食事と飲料の取り方

メンタルヘルスにアンチドーピング。

今まで講習は寝てばかりだったけど、、、今回すごい面白くて寝てられなかった!

明日からの医療に必ずや役立てます!

今日のスイム/2000m 館山市民屋外50mプール。
riechi * スポーツと医療 * 18:30 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

関節外科〜研修医が知っておきたいスポーツ整形外科入門〜


関節外科











2011年4月増刊号
関節外科『研修医が知っておきたいスポーツ整形外科入門』
が発売になりました。
http://www.medicalview.co.jp/catalog/MAGA12364-11-04-0.html

その中で
「私がスポーツ整形外科医になった理由とその勧め」について
書いています。

整形外科、というと男性的なイメージがあるようですが
決してそんなことはありません。
きっとやる気があれば、いろんな世界が開ける素敵な仕事です。
少しでも伝わればいいなと思い、書かせていただきました。
興味がある方はぜひご覧ください!



riechi * スポーツと医療 * 22:31 * comments(6) * trackbacks(0) * - -

朝ヨガとランニング

 アサ ヨガ











今日、ファミリーオ館山で週に3回ほど開催されている

朝ヨガに行ってきました。

ヨガ初体験。。。。。

海が見える開放感あふれる空間でのヨガはとても気持ちがいいものでした。

肩甲骨が動く!!股関節がストレッチされる!

日頃デスクワークで肩こりが強い方には

とてもいい動きだと思いました。

もちろん膝関節や頸椎、腰椎に変形がある方などは

できない動きもいくつかありますよね。

痛みがでるものは無理せず休む勇気があれば大丈夫!

スッキリしますよ!

行き帰りは自宅からラン、往復10キロ。

こういう朝のはじまりが好きです。
riechi * スポーツと医療 * 22:41 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

バレンタイン駅伝

 最近仕事の一つでよくあるのが

救護ドクター。

昨日は知人が開催するバレンタイン駅伝に

行ってきました。

事前にAEDの準備や救護グッズ、自転車の用意などの打ち合わせ。

何が起きても対処できるように準備しました。

前日までの荒れた天気も、当日は快晴。

146チーム、総勢500名以上の人が集まり、桜田門はこの人数!

バレンタイン駅伝

















みんないい汗かいて、最高のイベントとなりました。

大きな事故もなく終了。

そのあと、麹町にある大会本部のSPH Golf&Runningを

ランステとして、皇居15キロ走ってきました。

ちなみに、ここのランステ、空いてるし、タオルも込みだし、とてもお得!!

http://www.sph-kioicho.com/





riechi * スポーツと医療 * 17:33 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

モバイルAED隊

先週末、海浜幕張で開催された

千葉マリンマラソンに行ってきました。

といっても走るわけではなく・・・・・・。

とある活動を見学しに行ってきました。

この下の写真はスタート前の会場です。

国士舘大学6 

















何やらランナーに紛れて自転車隊を発見。

国士舘大学5














そう。彼らが『モバイルAED隊』

国士舘大学による救護スタッフです。

国士舘大学体育学部スポーツ医科学科では救急救命士になるための

教育をしており、スタッフや学生たちがボランティアで

様々なスポーツの大会で救護活動をしているそうです。

今回の大会では、2人1組でトータル11組が沿道に配置されていました。

AEDや応急処置セットを一人一人が背負っています。めちゃ重い!!!

国士舘大学2


















彼らはスムーズな移動のために、自転車で移動しています。

これなら小回りが利きますよね。

国士舘大学1




















彼らを指揮しているのが救護指令本部。

国士舘大学4
















すべての隊員をGPSで管理し、コンピューター上の地図で把握。

応急処置が必要なランナーが発生すると的確に指示をだします。

救命は1分でも早く開始することが大切。

本部からドクターが駆けつけていては助かる命も助からない!

だからモバイルAED隊が必要なんですね。

彼らの存在で助かる命があると、実感しました。

私自身多くの大会に救護で参加しますが、今後の自分の活動に

生かしたいと考えています。
riechi * スポーツと医療 * 19:41 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ