<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Life is motion! | main | 宇宙兄弟! >>

スミマセン!

 前回のブログで一部誤解を生じる表現がありましたので

ここで訂正しますね。


「少しでも多くの方が病院で意味のないリハビリにかける時間を減らし

自分自身で自分の体と向き合い、改善していただきたくて書いている本です。」

と書いていますが、私が言いたいことは

病院でするリハビリが意味がない、ということでは全くありません。

コメントで指摘があったので読み返してみたら、そう読める。。。

私の文章力の問題です。

これで気を悪くされた方がいらしたら本当にごめんなさい。



病院では理学療法士さんなどによる本格的なリハビリと、

小さなクリニックではそういうことが出来ないので

牽引や電気などのリハビリ(物理療法)などがあります。

うちのクリニックは後者だけです。


本来なら前者のリハビリができればいいのですが、施設基準など多くのハードルがあり

家賃が高い都内では物理療法がメインのクリニックは多くあります。

なので、それを受けに多くの患者さんがいらしていることも事実です。

時間がある方や、それである程度の改善が見られる方ならいいのですが

根本的な原因(例えば姿勢や体の使い方など)を改善しないとダメだと考えています。

でも後者のリハビリを受ける方が多く、医療費がそれでどんどん

使われているのがどうも腑に落ちないのです。


つまりドクターや理学療法士さんなどから身体の使い方を学んだり、

硬くなった肩甲骨周辺をほぐしてもらったり、実際に自分でできる運動を

教えてもらったりしないと、本当の改善にはなかなかつながらないんですよね。


だから、今、ひたすら通院しても改善しないような物理療法によるリハビリ

(それを無駄なリハビリと書いたつもりです。。。でも改善する場合もあるので

全員には当てはまりません。)をする時間があったら

是非本を読んでいただいて原因をさぐったり、実際に診察を受けて

自分にできる方法を学ぶことが大切だと考えています。


仕事が忙しい方や場所の問題など、世の中の全員が病院で質のいいリハビリを受けられる

わけじゃないというのは痛感しています。

(私がこの間まで働いていた病院は本当に質がいいリハビリがあって、何度自分の職場に取り入れたいと思ったことか。。。それができないから、そこで勉強していたわけですが。)

なので、そういった方に少しでも救いの手を差しのべられたらと思っていますし、

それがこれからも私の仕事だと思っています。

これからもよろしくお願いいたします。
















riechi * 整形外科の仕事 * 16:15 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

コメント

リエチさん、いつも楽しく拝見させてい頂いています。
が、今回の件での対応は少し残念な様に思います。
『意味のない』と指摘された事についての釈明は、言い訳ばかりのようにに聞こえ、何を伝えたいのかよく理解できませんでした。
先般、書き込みされた方にも『文章力のなさ』だけでは納得できないのではないでしょうか…
リエチさんのプログの更新はいつも楽しみにしています。
これからのご活躍を願うファンからのメッセージでした。

Comment by 傍観者 @ 2012/09/29 2:02 AM
傍聴者さん
いつも読んでいただきありがとうございます。ご指摘の通りここでは言い訳しています。間違えて理解されてしまうのはとても悲しいからです。「意味のない」という言葉の私の使い方について、説明しています。なので、理解していただけなかったらそれで仕方ないと思います。私に直接会う機会がありましたら是非気軽に話しかけてくださいね。きっと説明できると思いますし、納得していただけるかなあと考えています!
Comment by リエチ @ 2012/09/29 10:19 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ