<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< プレゼンテーションの方法 | main | AGOS 〜英語のスピーキング強化〜 >>

関東足の外科研究会

 先日、新宿で開催された

「関東足の外科研究会」に参加してきました。

トータルで13もの症例検討会をした上で、

私のかつての病院の上司の講演を聞いてきました。

テーマは

「下肢荷重軸からみた後足部障害の病態と治療」

一般の外来だけをしている私にはなかなか難しい内容なのですが

変形性足関節症(いわゆる足首の変形です。)を評価する上で大切な

検査の仕方、、、。

レントゲン写真一枚撮るだけでも

足指の向き一つで、全然評価が変わってしまうんです。

そして評価で手術の適応も計測もいろいろ変わってくる。。。。

しばらく手術から離れている私にとっては浦島太郎状態でしたが

こういう最新の考えや論文の評価を聞く事は

とても勉強になりました。

そしてこの先生のプレゼンは、物語性があって

大変素晴らしかった!

どんなに素晴らしいドクターでも、話の中でそこに至るまでの苦悩などが見えると、

ドキュメンタリー映画を見ているようですごくドキドキハラハラさせて

くれます。

すべてが結果だけじゃない、そんなプレゼンが素敵だと思いました。

そして、こういう場に参加することで私自身もやる気がみなぎってきました!




riechi * 整形外科の仕事 * 10:16 * comments(5) * trackbacks(0) * - -

コメント

足首を痛め、方々の整形外科に行きましたがどこも背骨と足のレントゲンに異常が無く、湿布と薬(ノイロトロピン)のみの治療で現在歩くことができません。2年半になります。先生のブログを拝見しまして、一筋の光が見えてきた思いです。群馬県太田市在住です。先生、助けてくださいね。
Comment by 平井 麻子(54歳) @ 2013/01/17 12:50 PM
平井様
はじめまして。コメントありがとうございます。レントゲンで異常がない痛みはたくさんあります。痛みが起きたきっかけや、体質(冷え、暑がり)、周囲のストレス、睡眠の質、などいろんな方面からアプローチしないと改善しづらいことがあり、内服だけではなかなか難しいと思います。お住まいが遠いのでなかなか直接アドバイスしづらいですが、話をじっくり聞いてくれる整形外科のドクターを捜すことが大切だと思いますよ。
Comment by リエチ @ 2013/01/17 3:23 PM
平井様 続き
でも画像に異常がなく、明らかな原因がなければ必ず痛みは取れると思います。焦らず気長に、そして自分が一番気持ちいいと思えること(趣味やお風呂など)を多く試してみることがオススメです。
Comment by リエチ @ 2013/01/17 3:25 PM
お忙しいのに親切に答えてくださいまして有難うございました。地方に住んでいますので、足の専門医の方がいらっしゃることを知りませんでした。先生のように”関東足の研究会”などで勉強なさっていらっしゃる方がいらっしゃるのですね。ブログと頂いたコメントから先生のお人柄が伝わり嬉しく思いました。有難うございました。
Comment by 平井 麻子(54歳) @ 2013/01/18 2:19 PM
平井様
ありがとうございます。
足の専門家はまだまだ少ないですが、各地で活躍している先生がいますよ。是非検索してみてくださいね!
Comment by リエチ @ 2013/01/18 10:20 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ