<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「元気になる自転車」を求めて ニ拇沈什扈 | main | 千葉県国際総合水泳場 >>

多くの方々が自分の力で自転車に乗るために

 「元気になる自転車を求めて」というスローガンを掲げて開催した

特殊な自転車の展示会。

(財団法人 日本自転車普及協会 と 社会福祉法人 横浜市リハビリテーション事業団が

競輪の補助金を受けて実施しています。)

アンケートを見ると、みなさん口々に

「自転車に乗れたのは久しぶりで、とっても楽しい」

「これなら安心して乗れる」

とても手ごたえがありました。

この自転車を普及させる利点

 ー分の最低限の力で移動し、運動をすることができる。

 ⊆分の四肢・体幹の使える機能の向上が見込まれる。

 2箸吠弔犬海發蕕砂佇發ことができる

 どを切る感覚を体感できる。

まだまだ改革が必要な問題点

 ‘端貅転車自体が、まだ一般に広まっていない。
  ドクターやリハビリの人たちにもっと広めるべき。

 登り坂の移動が厳しい 

 F本の道路の使い方が悪く、車優先社会のため自転車・歩行者の道が狭いので
 使用できる場所が 少ない。(海外は一方通行が多いのに。)

 ぜ転車が高額である

 ヂ慮海靴毒磴Δ海箸なかなかできない。



道路の改革は、自分ではできないことですが

改善するために、多くの人に存在を知ってもらうこと

こういった自転車を多くの方に体感していただくことが大切だと実感しました。

競輪の補助金が事業しわけのために使うことが厳しくなるようですが

資金もないため、せっかくの素晴らしい企画がますますできなることが

心配です。


 
riechi * 自転車で起こる痛み対策 * 00:50 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

コメント

オランダ在住の者です。
オランダで自転車と車の交通事故が多い所は、自動車が入れないようにポールを立ててます。日本だと信号ですよね。
優先されるものが違う日本を動かすのは大変だと思いますが、1つ1つ、一歩一歩ですね。
Comment by みか @ 2010/12/03 5:47 AM
みかさん
コメント返信遅れました。すみません!
オランダ在住、素敵ですね。道路の幅の違いも
日本と海外では全然違いますよね。
出来ることを少しずつしていきたいです。
今後もよろしくお願いいたします。
Comment by リエチ @ 2010/12/15 9:35 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ